2021/09/02
e会計事務所 - 大阪府大阪市
大阪府大阪市で開業。創業融資に強くクラウド会計の導入が得意で、クライアントの事務負担を減らしつつも費用面で負担の少ない記帳代行サービスを実現。クライアントに来所頂く、又はZOOM対応とすることにより、全クライアントを税理士が担当しつつも手ごろな価格を実現。起業後3年以内の個人・法人については料金優遇有り。建設業・不動産販売業などの顧問税理士案件を積極的に成約中。
大阪府大阪市で開業。創業融資に強くクラウド会計の導入が得意で、クライアントの事務負担を減らしつつも費用面で負担の少ない記帳代行サービスを実現。クライアントに来所頂く、又はZOOM対応とすることにより、全クライアントを税理士が担当しつつも手ごろな価格を実現。起業後3年以内の個人・法人については料金優遇有り。建設業・不動産販売業などの顧問税理士案件を積極的に成約中。

独立開業時は人から案件を紹介してもらったり、自社ホームページでの集客も試みたというe会計事務所・北谷進平税理士。様々なルートを試す中でも集客は大きな課題だったと振り返る中で、「ミツモアのような集客プラットフォームと出合えたのは、私にとってとてもありがたいことでした」とおっしゃいます。

すでにミツモアで多くの案件を成約し今では顧問税理士案件も展開中の北谷税理士に、ミツモアの使い方についてお聞きしました。

とにかく案件が多いミツモアスタートアップで実績を作りたい税理士にはおすすめの集客ツールです

登録した最初の月は確定申告案件だけで売上160万円に達しました。

Q まず、ミツモアに出合ったきっかけについて教えていただけますか。

- 最初は会計ソフトの導入時にその営業の方から聞きました。webを使った集客活動は独立開業した際に導入しようと思っていたので、ミツモアに登録してみました。

Q 実際にミツモアに登録しての第一印象はいかがだったでしょうか? 

- とにかく「案件が多いな」というのが第一印象でしたね。登録したらすぐに成約できて、最初の月は確定申告案件だけで売上が160万円くらいに達したので本当にありがたかったです。

web集客サイトは特徴があるので吟味して使うことをオススメします。

Q 独立に際して、営業についてはどんなことをお考えでしたか?

- 独立当初は飲食店に絞った税務の仕事をやろうと考えていました。知り合いからの紹介で、独立後2カ月ほどの間に2件成約できたのですが、さらに顧客を増やしていきたいと考えまして、まず事務所のHPを立ち上げました。

実は前職で税務以外に広告業務も担当していたので、HPの作成は自分でしました。ただ、HPを作っても、検索順位が上がるまでにそれなりに時間がかかりますので、アクセス数の伸び悩みという問題に直面しました。
一時期はリスティング広告を出したりしてみましたが成約までつながらない。また異業種交流会にも参加しましたが、人との出会いの数は増えても即座に営業成果にならなかった。そのような経験をしましたので、ミツモアのような集客プラットフォームと出合えたのは私にとってとてもありがたいことでした。

Q 今、ミツモアの他にもweb集客サイトをお使いでしょうか?

- ええ、ミツモアの他に2社ほど使っています。過去に登録した集客サイトの中には、登録時にチケットを前払いしたのに月に1度ほどしかマッチングせず、しかもメッセージを送っても既読率がものすごく低いケースもありました。web集客サイトはそれぞれに特徴があるので、よく吟味して使うことをおすすめします。

自動応募システムは、依頼が非常にたくさん入ってきて驚きました。

Q ミツモアの自動応募システムについて、使い勝手はいかがでしょう?

- 仕事内容や価格等を事前に設定しておけば合致するご依頼に対して自動的に見積もりを返してくれるため、特に確定申告の時期などは、非常にたくさんの依頼にコンタクトできて驚きました。ただ、当方のキャパシティも限られていますし事務作業もたいへんなので、全てに対応するのはむずかしいですよね。相性が良さそうなお客様に絞って成約させていただいています。本当に件数が多いので、自分に合いそうなクライアント様に絞って契約することもできます。

Q  ミツモアのお客様にどのような傾向を感じていますか?

- 年齢層もタイプも非常に幅が広くてバラエティがあります。共通点としてはITリテラシーがあることと、コスト意識が高いことですね。
お客様によって「ここまでやってほしい」という要求の度合いはさまざまです。当方のやり方を理解してくださり価値観が合うお客様とおつきあいができれば一番いいのかなと思っています。ミツモアは案件数が多いので相性の合うお客様と出会う確率も高いと思いますよ。

開業してすぐ「成約数を増やしたい」という人にミツモアはおすすめですよ。

Q 登録して1年ほど経過しましたが、お仕事の仕方に変化はありますか?

- はい、登録した当初は確定申告の案件を多く成約していました。開業時というのは実績作りが大切ですし、まずは「数をたくさんとること」を目指しました。AIによる自動仕訳を実現し、お客様に事務所まで来ていただく、あるいはzoom等を使った遠隔型にすることで、相場よりも低い価格を提示しアピールポイントとして押し出しました。

最近は少しずつうちの事務所の価値を感じていただける仕事へとシフトしています。継続性があり毎月面談するといった顧問税理士的な仕事を中心にしていきたいと考えており、特に建設業・不動産販売業にフォーカスしています。

Q 建設業・不動産販売業の税務案件に注目される理由は?

- まず、私が自社で建設も行う不動産販売業で働いていた経験があり、ジョイントベンチャーの経理処理も経験したため、業界や経理処理についての見識があるためです。

建設業であれば、たとえ一人で営業されている事業主でも売り上げ規模がある程度大きいのですが、ただ「一人親方」で終わってしまうケースも多いため、後に続く人材を育てて複数で仕事に取り組んでいただき事業を拡大していけるよう私としてもコンサル的に支援していきたいと思っています。顧客と共に成長していけるといいな、と考えています。

Q ミツモアをこれから独立する後輩の方々にもすすめますか?

- もちろんです。とにかく最初の立ち上げ段階では集客が大きな課題です。ミツモアは特に開業したばかりの税理士で「成約数を増やしたい」という人にはおすすめですよ。

また、ミツモアの運営母体はサイトの改良が素早いですよね。以前意見をした時もすぐに反映して改善してくれて、使い勝手の良いプラットフォームにどんどん変化してきています。この時代、アップデートのスピード感は大切であり成長意欲の現れだと思いますので、今後もミツモアを活用したい思っています。

確定申告の案件で成約実績を積み上げた北谷税理士。今は顧問税理士としての取り組みも展開しています。後進の税理士には、各web集客サイトの特徴を理解しミツモアを上手に活用して欲しいとアドバイス。ミツモアも、やる気のあるプロを集客という面から応援し続けます。